日本語教師になるために|英語力を高めたいなら英語専門塾へ行こう|確実なスキルアップが可能
婦人

英語力を高めたいなら英語専門塾へ行こう|確実なスキルアップが可能

日本語教師になるために

レディ

採用の条件とは

日本語教師になるにあたって、取得しなければいけない資格や免状はありません。しかし、日本語以外の言語を母語とする学習者に日本語を教えるのは、単に日本語を話せるだけでは無理です。そこで、教師としての質をそろえるために、多くの日本語学校では次の3つのうち最低ひとつを満たすことを採用の条件にしています。まず1つ目に、四年制大学で、日本語教育専攻か副専攻を修了する事です。次の2つ目に、日本語教育能力検定試験に合格する事が必要となります。そして3つ目に、日本語教員養成講座を420時間以上修了しなければなりません。ただし、3の条件を通信講座で満たした場合、日本語教育機関によっては認められない場合があります。その場合は日本語教育能力検定試験に合格する必要があります。また大学で専攻科目を履修した場合も、日本語教師として働くなら、検定を受けておく人が多いです。それだけ日本語教育能力検定試験は日本語教員としての能力をはかるのに重視されている検定と言えます。

検定試験の内容

それでは、この日本語教員能力検定試験とはどのようなものなのでしょうか。日本語教育能力検定試験は、日本国際教育支援協会によって年に1回実施されている試験です。日本語教員になるために必要な知識、能力を有することを証明するための検定です。試験は三部構成で、日本語教育を行うにあたっての実践的な基礎知識、基礎的な問題解決能力、現場対応能力につながる問題解決能力を測定するとされています。試験2は音声媒体での出題形式となり、それ以外はマークシートや記述式での回答になります。問われることは日本の社会や文化、地域、学習者の心理などから、コースデザインや教授法、評価法と言った実践的な教育理論、日本語の構造、音声、文法体系など、実に多岐にわたります。合格率は例年20%台であり、難易度は高めです。